<   2005年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

チャンスは自分の手で


  今日ネットマーケティング研究所の滝井さんから
 ニュースレターが届きました。2月の後半に開催された
 セミナーの感想を送った参加者に無料で送ってくれたものです。
 
  このニュースレターの最後に、
 トム・ピーターズさんというビジネス書の著者が、
 感銘を受けた本や雑誌の記事を書いている方に
 直接電話をして食事に誘っている、驚くことに
 だいたいの方がOKをもらっている、、「頼んでみなければ
 分からない」。という内容が紹介されていました。

  私はこの考え方、非常に同感します。私は欲しいものに
 対してはとっても貪欲です。マリーズをシンガポールにいた時に
 たちあげようと思い立ってから、ダンスドレスを作れる縫製さんを
 紹介してもらおうとダンス教室に通ってコネを作ったり、当時
 つきあっていたシンガポール人の彼に頼み込んでマレーシア
 まで行って中国語の通訳をしてもらいながらマレーシア人の
 縫製さんに試しに作ってもらったりもしていました。あの時は、
 大企業の駐在員の友人に、「起業して成功する人なんて一握り
 だよ」 「起業?あてにならないよ」と笑われたりもしましたよ、
 だけどね、欲しいものは欲しいと、努力をして自分から望めば
 なんとかなっちゃうものなんです。

  仕事だけに限らず、会ってすぐに、直感でこの人輝いて
 いるな!と思う人には気軽に食事に誘います。だって、
 自分から素敵な人に声をかけてもらうのを待っているのなんて、
 そんなつまらないことってないでしょ。今年はどんな素敵な
 人たちとの出会いがあるのかとっても楽しみです。
  
by mariesdress | 2005-03-31 00:57
 

  今日は宅八郎もびっくりのおたくぶりを発揮、
 朝方縫製さんにサンプルドレスを町田に渡しに
 行った意外は家にこもってマリーズHPリニューアルに
 精を出していました。このリニューアルに使って
 いるのはGOLIVEとPHOTOSHOPで、操作の仕方は
 現在のマリーズをドリームウィーバーで必死で作った
 頃に比べてかなり楽。こちらのマニュアルはK川さんに
 紹介してもらった「起業家のためのホームページ作成術」
 というマニュアルからお勉強しております。こちらは
 キーワードマーケティング研究所の、私がお世話になっている
 滝井さんが作ったもので、興味のある方はぜひみてみてください、
 とっても分かりやすく、滝井さんの人柄が誠実&親切
 なので信じてがんばれます。

  しかし、どんなに優れたマニュアルがあっても、やはり最後は
 本人の根性なんです、近所の美容師さんが言うように
 普段は「すかして歩いてる」私だそうですが、オフィスでは
 誰にも見られたくない状態でPCにむかい、キーボードを
 がちゃがちゃやっているわけですよ、、。

  そんな一日でしたが、今日はウエディングドレスを作って頂いた
 お客様から、
 「ドレスはとても素晴らしい出来上がりで
  本当にみんなに好評です。
  初めて今崎さんとお会いしたときに
  私と一緒に伺いました母以外の者には
  ドレスのデザインのことは秘密にしておいたので
  ドレスを見た時のその感激はとても大きかったです。
  いろいろと私の要望に応えてくださったおかげで 
  一生の宝物ができました。
  大切にします。」
 とメールを頂いて思わず涙、、。このウエディングドレスを作ってもらっていた
 縫製さんが、入院してしまい、ちょうど混み混みの時期で引継ぎの
 方を見つけるのも一苦労だったので、こうして喜んで頂けて感動も
 ひとしおでした。こうやってお客様との出会いを作ってくれたのも
 自作のHPだったもんな、リニューアルもがんばろうっと、、。

 
by mariesdress | 2005-03-30 01:55

Give&Givenの発想


 私は仕事帰りに時間があると、ふら~っとブックオフに
 よるのが好きです。読みたかった本が100円で買えてしまうので
 すから、このお得感はやめられません。
  私は真面目なビジネスの本も読むし、かるーい恋愛エッセイも
 読みます。昨日買ったのは私が尊敬する女起業家第一人者
 佐々木かをりさんの
 「Give&Givenの発想」です。
 Give&Takeという言葉、何かしてあげたのだから
 何かをしてもらいたい、してもらって当然という意味でよく
 使われていますよね。

  「私はこんなに律儀に接しているのに、、どうして
 期待したことをしてくれないの?」 最近よくこんなことを仕事でも、
 プライベートでも感じます。でも、こう考えてしまっては、自分の
 首を自分で絞めてしまうだけなんですよね。
 佐々木かをりさんの本にはこう書かれてありました。

 「相手にしてほしいと思うことがあるのなら、まず自分からそれを
 始めてみる。こんな風になって欲しいと思う姿に、まず自分が
 なってみる。私の与えている姿をきっとどこかで誰かが見てくれて
 いるだろうと楽観的に構えている。いつか、もしかすると、違うところ
 から与えられることもあるだろうから。」

 すごい、、こんな考え方で常にいられたなら、いつも穏やかで
 素敵な女性になれるんだと思います。私も少しずつ努力しなくちゃ
 ですね、、。
by mariesdress | 2005-03-27 21:12

ラブストーリー


   昨日は疲れがたまっていたので
  早く寝ようと思っていたのですが、ちょこっとだけ見ようと
  思った韓国映画にはまりにはまってしまいました。

  その純愛映画は「ラブストーリー」。
   もともと涙もろい私ですが、この映画には本当に感服致しました。 
  何度も号泣してしまい、次の日目が少し腫れていたほど、、。
  私のへたな文章よりも、こちらの紹介HPから内容を紹介
  させて頂きますと、
  
  「恋に悩む女子大生・ジヘは、ある日家の中で古ぼけた小さな木箱を見つける。
 入っていたのは、母・ジュヒが時おり読み返しては涙していた、35年前の手紙
 と一冊の日記帳。だが母が亡き父と交換していたと思っていた、その何通もの
 手紙には、父の友人である男性との秘められた初恋が綴られていた。
 日記には、初めて知る恋の喜びに心躍らせる、娘の知らない母の姿が。
 しかしそれは、身分の違いや時代の波に翻弄され、ある事件をきっかけに
 引き裂かれていく二人の、悲しみのラブレターへとかわっていく。
 叶わなかった初恋の痕跡・・・やがてそこに残された真実は、親友の恋人へ
 の想いを胸に秘めていたジヘに、一つの奇跡を起こすことになる。」

  まずこの映画に出てくる韓国の俳優さんお二人、チョ・スンウ、チョ・イソン
 のかっこよさにため息がもれます。ただかっこいいだけではなくて、
 現代日本人男性が失ってしまっている何かを彼らの中には見つける
 ことができるんです。本当の優しさ、男らしさって何かを、特にチョ・スンウを
 見ているとしみじみと伝わってきます。そして、そのチョ・スンウが演じる
 ジュナが、ヒロインジュヒを想う気持はあまりにも切なく、最近だめんず
 ばかりにあたっている私としましては、こんな男性は現代日本には絶滅
 しているだろう、、と、かえって哀しくなってしまったのでありました、、。
 でも、ピュアに人を愛する気持を忘れているあなた!ぜひこの映画、
 みてください。ストーリーも美しいですが、映画に出てくる自然や、
 全ての映像が心を清らかにしてくれること間違い無しです。

 
by mariesdress | 2005-03-23 01:47

大森ベルポート競技会


  昨日は、私の日常生活からは信じ難い位早起きをして
 大森ベルポートに競技会の応援に行ってきました。
  その前日に、楽しみにしていたデートを当日の
 朝ドタキャンされ、「ヒロシです、、僕がデートに誘う
 女性はみんな当日風邪をひくとです、、」と、ヒロシのギャグ
 そのままじゃんかよ、、。とかなりブルーだったのですが
 私の男友達S君から「まりりんよ、男より稼ぎ!」と
 メールをもらったので気を取り直して頑張ることに
 したとです、、。
  
  私が所属するダンスサークルPALの競技ダンサー仲間は
 もちろんのこと、マリーズのアマチュア競技選手のお客様も
 たくさん参加すると連絡を頂いていたのでかなり楽しみに
 していた競技会でした。
  特にA君の衣装はまだ完全な形では渡せなかったので
 競技会場でまた得意の手縫いで補修、もみじのU君は白の
 ネットのストライプのあるデザインが、体格を大きく見せて
 かなりいい感じでした。今日What`s Newにもアップしたの
 ですが、N君がマリーズラテン衣装で5位に入賞してくれたの
 はかなり嬉しかったですね。

  昨日の競技会はかなり大きな規模だったので、地方のお客さん
 にも再会できたりして、かなり楽しかったです、普段は笑い話ばかり
 している競技ダンサー仲間のみんなが真剣にダンスを踊る姿には
 とても感動しました、それにやっぱりラテンの音楽を聞いていると
 私も踊りたくなってしまうんですよね~、まさかGパンにセーターで
 乱入するわけにはいきませんが、ほんと、目の前のフロアーで
 私も踊りたーい!とずっと思っていました。K川さん、5月競技会
 初デビュー目指してがんばりましょうね。
b0041551_19224414.jpg


  
by mariesdress | 2005-03-21 19:23

負け犬の幸せな一時

b0041551_23303215.jpg
 あ~、今日は自分でもよく頑張った一日でした。
 午前中はドレスの石付け、午後一で縫製さんと
 向ヶ丘遊園のケンタで打ち合わせ。でも出来上がった
 ドレスがちょっと気になる点があったので、その場でやり
 なおしてもらい私はそのドレスにまた石付け、、と、ケンタッ
 キーで奇妙な光景が、、。
  その後、大塚駅前のダンス教室に納品。こちらのお客様
 は、なぜか最初からトラブルが多く、何度もお直しをさせて
 頂いていたのですがドレスの構造と使った素材の相性が
 悪かったようでまたしっくりいかなかったんです。でも、
 今日は絶対納品!と思ってきたので、なんとその場で
 2時間もいすわり、手縫いで微調整をして喜んで頂ける
 ドレスに仕上げてきてしまいました。
 中学生の頃は家庭科は大の苦手だったのに、、
 人って変わるもんですね。そしてそのまま西横浜へ移動、
 ラテンドレスの納品、(写真のモンロードレスです)
 そしてモダンドレスの仮縫いです。
 
 「終わった、、今日のお仕事、、」と横浜駅にむかった私は
 かわいらしい雑貨屋さんに入りちょっと息抜きをすることに
 したのです。そこで目にとまったのが白い天然石のピンキーリング。
 「そういやもう長いこと男性からアクセサリーなんてプレゼント
 してもらってないよな、、、残念。」という雑念が頭に浮かびながら
 こちらを購入。帰りの電車の中で小指にはめてちょっとご機嫌。
 そしてまた同じ雑貨屋屋さんでおしゃれなボサノバのCDも購入。
 しかし、帰りの横浜線の中ですっかり寝過ごしてしまい、あわてて
 おりたものの寒い矢部駅ののぼり電車はなかなか来ず、、。
 やっ10時もまわってと家についた私は、さきほど買ったCDを
 聞きながらキムチと小さい缶ビールで一息、、。ああ、これが負け犬の幸せって
 やつなのねえ。BY まりりん
by mariesdress | 2005-03-15 23:35

大ショック、白髪が、、


  昨日は駅前の美容室で髪をカットしてもらいました。
 母親は、「なんでそんなに頻繁にいくのよ~、そのままで
 いいのに。」と不満気。私はずっとショートが少しのびた
 位の髪型なのでそんなに変化が毎回つけられるわけでは
 ないのがわかっているのですが、それを期待して行くので
 はないんですよ。美容師さんとの会話を楽しんだり、プロにケアを
 してもらっている時間を持つことで「私っていけてるかも」
 と、自信を持つために行くんです。

  私が担当してもらってるのは32歳のかなり感じがよくて
 気があうお兄さん。いつものように楽しくお話していると、、 
 「今日はデートですか?それじゃあ、ここに目だっている
 白髪、切っておきますね、、」って、うそ!白髪!?
 そんなものなかったはず、、、。ショックをうけている
 私に、「気にしないほうがいいですよ、気にするとどっと
 ふえますから」って、、。はあ、気は若いつもりでも確実に
 年はとっているんですね。肌のお手入れはできても、白髪
 が出てこないようにする方法なんてきいたこともないしなあ。
 でも、美容師さんのいうように気にしない、これしか
 ないですね、、。
by mariesdress | 2005-03-12 00:11

  ここ連日、ライブドアとフジテレビの話題で持ちきりですね。
 先日とっても仲良くなったお客様が、「私、ライブドアが小さな
 会社だった頃、そこに勤めていたのよ~」と聞いて話題が
 もりあがったんです。今日もTVで当時の側近という方が出て
 いましたが、最初は「オン ザ エッジ」という会社だったそうですね。
  私は、やっぱり堀江さんにがんばってほしいな~と思ってしまいます、
 いちおう起業家のはしくれとしては、古い体質のTV局のおじさん
 たちをぎゃふんといわしてやれ!なんて思ってしまうのですが、、。
  それにマリーズはこそネットの恩恵を受けて、お店も在庫も持たずに
 安いドレスを皆さんに提供できているわけですから。

  フジテレビ側は「TVはなくならない」と言い張っていますが、果たして
 本当でしょうか?私は一日中ネットをつなぎっぱなしで仕事を
 していることはよくありますが、TVはたまにしか見ません。
  どんな情報もネットから取り出せてしまうのですから
 おもしろくもないタレントのギャグを我慢しながら情報番組
 を見る必要もないですし、CMを待っている必要もありません。
 結局堀江さんが狙っているようなネットにTVが飲み込まれる
 メディアミックスの時代がすぐそこに来ているのがもう明白なのでは?
 
  私の新卒就職活動は、TV局などのマスコミに入ることがステイタス
 でした。でも、今はちょっとはてな?と思います。またくだらない
 話にそれて申し訳ないですが、今は飲み会に来る男性の肩書きが
 「TV局ディレクター」と言われるより、「IT企業ディレクター」と言われた
 ほうがステイタスがあると思うのは私だけ?じゃないですよね。

  堀江さんの元側近だった方が、「堀江さんはスピードが速いだけで
 やっていることはごく普通の社長だ」と話していました。私にとっては
 堀江さんは雲の上の人ですが、ライブドアVSフジテレビ問題から
 何かを学べればと思って連日ニュースを興味深くみております。
  
by mariesdress | 2005-03-09 02:34

自分プチリセット方法


 今日は疲れがたまりにたまり、家でやすんでいた一日でした。
 そこで今日読んでいた「anan」の特集が、「自分プチリセット法」。

  皆様はどんな方法でリセットされているでしょうか?
 私は一般的ではありますが映画を見たり、雑誌を見たり、
 エッセーを読んだりするのが好きです。今日はずいぶん昔の 
 韓国映画ですが「シュリ」を見ました。韓国の情報部員が北朝鮮の
 女性スナイパーを追跡していく映画ですが、実はその女性スナイパー
 は、自分が婚約していた恋人だった、、という悲劇を描いた作品です。   
 普段は自分の仕事とプライベートのことで頭がいっぱい、平和ボケ
 している私にとっては、国家のために、自分の人生を犠牲にする人が
 本当に実在するんだなと、南北問題の意識を高めてくれる作品でした。

  あと、シンガポールにいたときは、スポーツジムでボクササイズを
 したり、エステに行ってリフレッシュをするのがすきだったのですが、
 何しろ日本に帰ってきてからはあまりの寒さに、休みの日には外に
 出たくありません。昨日は仕事でトラブルがあって、朝の6時に縫製
 さんのおうちにドレスを取りにいったのですが凍死するかと
 思いました。なので今日読んだananに書いてあった、おうちで入浴剤
 にこってみたり、アロマをたいたりと、おうちでじみーな
 楽しみ方をしたいなと思っております。                                                                                                 
 
by mariesdress | 2005-03-06 22:04

色男とラテン衣装


  今日は私のダンサー友達兼お客さんのA君が
 来客。本当は6日のスーパーに間に合わせるように
 ラテン衣装を作っていたのですがデザインの希望
 に変更があったので間に合わず、古淵オフィスにストック
 してある上下白のラテン衣装を試着に来てくれたわけです。

  こちらのラテン衣装は光沢のある素材で作って
 あるので、かなり見栄えの良い男性ではないと
 着こなせないしろものですが、このA君、あだなは
 「王子」。身長183センチ、鼻筋が通って、お目めも
 ぱっちり、色白、26歳の美青年(!?)。

  ちょっと間違えればおかしな
 人になりかねないこのラテン衣装もA君には妙にはまって
 いて、超かっこいい!やっぱり美しい人が着れば
 どんな衣装もはまってしまうんですね、、。

  こんな美しい青年のラテン衣装姿を見られるなんて、役得だなあと
 思いつつ(発言がおばさんちっくですいません、でも実はあんまり
 年齢変わらないのよね。)、
  みぞれが降る古淵駅までA君を見送って本日の
 業務は終了です。は~、明日も寒そうだけどがんばろうっと。
by mariesdress | 2005-03-04 00:52